FC2ブログ

Entries

これも小豆島

 
やっぱ降ってんじゃん!

真に受けてはいないけど
『私の日頃の行いがよいから心配無用!』
なんて豪語していた同僚に、晴れるかなとちょっとは期待してしまった。
それでもみんなの旅行への期待は損なわれる事なく、さあいざ小豆島。


今年の旅行はワークのB型班と分場で合同。
ホテルは同じだが、みんなが事前に選んだ観光地ごとにバスに分乗し
道中は出会ったり分かれたり出会ったり。
初の試み。普段とはちょっと違うメンバー。

そんな新鮮味とともにバスは進む。いや進まない。
いきなりの大渋滞。
これも『日頃の行い』の効果か?
それにしても動かない。
あ、ハルカス!さすがに高い!すげ~~!
ってまだ天王寺!?

このままではフェリーの時間に間に合わない。
と言うことで、観光地をひとつパスすることに。
フェリーに乗れないと晩ご飯もお風呂も寝床もなくなっちゃうのでしかたなし。
青空が見え出したころ、小豆島上陸。
『日頃の行い』はもう無効。


チェックイン後、まずはエンジェルロードと呼ばれる干潮のときにだけ現れる道へ。
砂浜を歩くなんて何年ぶりだろう。
その後、あやうく逃すところだったご飯とお風呂と寝床を堪能。



翌朝、マルキン醤油記念館。あたりに漂うおしょう油の香り。
たまごかけご飯、冷奴、お刺身、焼き魚、焼きナス、おひたし、イカ焼き。
あぁ、おしょう油があることのありがたさよ。
おしょう油を創った人すごい。作り続けてきた人たちもすごい。

そういや、しょうゆソフトクリームなんてものも売っていた。
見た目はカフェオレ。


続いては、『お猿の国』と『二十四の瞳映画村』に分かれて観光。
我々は映画村組。
昭和テイストあふれる建物や紙芝居、揚げパンの給食が出るレストランなど。
まったりと楽しみつつも、ついおサルの姿を探してしまい
いや向こう組だったと気づいてみたり。


昼食場所の『寒霞渓(かんかけい)』で再び合流。
空の青、海の青、木々の緑。
絶景だ。
どうだった?とみんなお互いの感想を聞きあっていた。


そして再びフェリーに乗り帰路に着く。
何が一番楽しかったと利用者さんに聞くと、フェリー、朝風呂、宴会、おサル、などなど。
どれも楽しかった様で何より。
来年に備え、今度は私の『日頃の行い』を貯めておかなければ…。







スポンサーサイト



わくわくまったり

 
ワクワクドキドキ一泊旅行。
私にとっては初めての旅行なのです。

小豆島に向けてバスは走ります。
と思ったら、大渋滞にはまってしまいました。
まさかの事態の原因は
おじいちゃんが高速道路に乗り込んじゃったらしいです。

最初に予定していた姫路城、アトム館はキャンセルになっちゃいましたが
アクシデントも旅のだいご味ということで!

渋滞込みで約5時間、バスに揺られたあとようやくフェリーへ乗り込みました。
周りに広がる海、うみ、ウミ、オーシャン・・いや瀬戸内海はseaですね。

スタートから8時間。
やっとの観光がエンジェルロード。
天使の道ですって!
涼しい風が吹くなか、波打ち際をお散歩です。
空と海のコントラストがステキ!おもわず感動しちゃいました。

夜は宴会のドンちゃん騒ぎで一日目が終了です。



朝ごはんのバイキング。
100種類くらいあったかなぁ。
お腹いっぱいでしゅっぱつです。

まずはマルキン醤油記念館。
おしょう油の歴史とかとても大きな桶とか・・・。
20人(詰めたら30人はいける?)くらいは入れそう。

そうそうそれと、名物しょうゆソフトクリーム。
甘くて香ばしくて…なんなんでしょう。
不思議な味に微妙な顔になっちゃいます。

最後は二十四の瞳で有名な映画村。
平成うまれの私にはわかんないはずの、懐かしいあの昭和のかんじ。
古い建物が立ち並ぶ中を川が流れています。
この川、海水らしいですよ。
まったりまったりできました。

あっという間で楽しかった二日間。
無事大阪に帰りつきました。




アイちゃん

小雨の中ワークセンターにつくと、雨具姿のみんなが陰った空とは対照的に明るい表情で出発を待ちわびていた。
期待に膨らんだバスでいざ!と走り出したものの、阪神高速が進まない。
大阪を出るまでにかなりの時間を要してしまった。
今回の目的地である小豆島へ渡るカーフェリーの出航時間のため、寄るはずだった姫路城はパスすることに。
昼食には間に合い、瀬戸内海の船旅を経て小豆島へ上陸。
早めのホテル到着で、ホテル前にあるエンジェルロードと言われる干潮にしか現れない道を歩く。
橋が架かったような砂浜を歩き、岩場の潮溜まりでは海の生き物たちに出会うこともできた。

翌日はお猿の国へ。
おそわれやしないかと思っていたがおりこうさんなサルたちは慣れたもので、たくさんのおサルさんを見ることができた。
おサルのショーも、とても近い距離でアイちゃん(おサルさん)のいろんな技を楽しむことができた。
アイちゃんに見送られながら、お猿の国をあとにした。



 

遅ればせながら旅行

 
白浜といえば・・・そう、パンダです!

という訳で行ってきました『アドベンチャーワールド』。

ゲートをくくれば数々のかわいいパンダグッズのお出迎え。
植木までパンダに剪定されているじゃないですか。(緑色なのでクマ?)
お昼ごはんのライスまでなんとパンダ型!
まさにパンダパンダパンダ。
圧倒的なパンダ推し。

ならば、やっぱりここはかわいいパンダから見るしかないよね。
昨年産まれたかわいい子パンダがいるはず。

え? あれが子パンダ? ほんとに子? なかなかのサイズですよ。
あ、あっちの大きいのが母パンダさんか。なるほどなるほど。

お母さんに比べるとかわいい子パンダ。
ずっと笹食べてるけど、そこもかわいいよ。
いっぱい食べて大きくなってね、かわいい子パンダ。


ふうた


パンダ飯


でも、かわいいパンダだけではないのです。
イルカショーは大迫力。
なぜあんなに跳べるの? 羽がはえてるの? 鳥なの? ってくらいのジャンプ。
水しぶきと共に大歓声。

バスのまま乗り込んだサファリパークでも、そこにもここにも動物たち。
半分くらい寝ていたけれど・・・。

全部見るにはとても時間が足りないよ。


動物たちにお別れして、おつぎの和歌山名物は・・・。

梅です。はい、梅ジュースを作ってきました。
作り方はとっても簡単。
ビンに梅をいれます。
そして砂糖をいれます。
それだけ~。
きび砂糖、氷砂糖、金平糖。お好みで選んでね。
金平糖をいれた梅ジュースは見た目もとってもかわいいよ。
これが映えってやつですね。 インスタやってないけど。

あと、エビとカニの水族館!
その名の通りエビとカニがメインの水族館です。
小さいものから大きなものまで色んなエビやカニがいます。
何と青いエビまで!
色が違うだけで一気に漂う不思議感。 なぜ青いの?
あ、あれはうつぼ?
さすが海のギャング、悪い顔(←失礼)をしています。
まったく動かないけれど、作り物じゃないよね。
味わい深い水族館でした。

決して梅とエビだけではない和歌山ですが、和歌山の魅力満載な旅でした。





コパンダ





おおきいネコ

 

「・・・ふふ。」
予報の雨マークを見ながらニヤリとする。
今回もうちの『晴れ女(職員)』の出番。

そう・・・あれは先日私が九度山に行ったときの事。
あいにくの荒天で大雨に降られ大変な目にあいました。
後日聞いた話によると、なんとその同じ時に件の『晴れ女』も九度山を訪れていたそうな。
それにもびっくりなのですが、さらには一滴も雨に降られなかったとのこと。
「・・・どういうことですか。」

そんなわけで、数々の伝説を誇る『晴れ女』の前には雨マークも恐るるに足りません。


さて、待ちきれずいつもより早く集まったみんなとともに、いざ出発~!



チーターにトラ、ライオンが待っています。
そうですネコです。彼らは大きいネコです。
場所は『姫セン』。『姫路セントラルパーク』です。
バスは到着してそのままサファリへ、ずんずん乗り込みます。
チーターがこっちを向いています。
トラの背中が見えています。
ライオンがむっちゃ寝ています。
何をしていてもかわいい。
何をしていても強そう。

「あぁ・・まって!」

もっと愛でていたいのに、無常にもバスは進み続けます。

おつぎは草食動物たち。
変なツノのヤギ。
行き倒れ!?とおもったら寝ているラクダ。
ここは奈良公園か?とおもうほどのシカの大群。
サイがこちらへ向かってきたのは大迫力。サイすげー!

遊園地ゾーンでは観覧車やメリーゴーラウンドに乗る人や
あろうことか爬虫類館でヘビやイグアナとふれあう人までいる始末。
『姫セン』を堪能してバスに乗り込んだところで雨が・・・。
「うん、予定通り。」


そんなこんなでホテルに到着。
雨の中、傘をさし下駄を鳴らしながら歩く温泉街は絵になります。
風情たっぷりの情景から一転して
ミラーボールキラキラの大カラオケ大会の宴会で一日目の幕は閉じるのでありました。

「え?トランプ?ジェンガ?」
部屋に戻ってからも、とどまることをしらないみさなんの夜はふけていきます。




「あれ? 寝てたのかしら。。。」

おそらく二日目の朝です。
昨日からの雨は続いているようですが、今のうちにせいぜい降っているがいいでしょう。
さっそく朝ごはんを。
アサリの味噌汁、おいしー!すげー!

「忘れものはない?」
準備を済ませ、ホテルの方々とアサリの味噌汁に別れを告げ、いざ出発~!


昨日から一転して、本日はしっとり落ち着いて過ごす『お茶作り体験』です。
和のこころとともに、オリジナルのブレンド茶をつくります。
出来上がったお茶と一緒に侘び寂も袋に詰めていきます。
「好きなだけ? 詰め放題と言うやつですね。」
張り切ってギリギリまで詰めるあまり、和のこころも侘び寂びも入れるのを忘れてしまいました。

・・・これ、開けるときヤバくね。


侘び寂とともに、パンパンになったお茶の袋のことは忘れることにしました。

おつぎは『ドイツの森』。
汽車に乗り異国情緒あふれる園内をみて回ります。
ドイツ情緒なのかもしれないですが、ドイツに行ったことがないのでわかりません。
わかりませんが、日本じゃない感はたっぷりです。
いや、日本にいるんですけどね。
ヤギやヒツジやウサギやアルパカにふれあうこともできます。
呼びかけにもあまり反応してくれなかったけれど、彼らはドイツの人なのかしら。
エサにはチョー反応してましたけど。

花もたくさん咲いてましたよー。
サルビアがとてもきれいに咲き誇っていましたけど、これもドイツ産?

ここでは『モザイクキャンドル作り体験』もしました。
ドイツ発祥かどうかは知りません。
キャンディーの詰め合わせのような
とてもおいしそうなキャンドルが出来上がりました。
おいしそう・・・。



さて、あとは帰るだけです。
雨の中、バスは走ります。
情緒アップのために降った温泉街の雨以外に降られることもなかった旅行は
『晴れ女』の伝説に新たな1ページを追加して幕を閉じたのでありました。







Extra

since 2006.11.21